文字数が少ない記事・noindexの記事が増えると良くないか?

ユウコキャス フォーラム 質問掲示板(ユウコボード) 文字数が少ない記事・noindexの記事が増えると良くないか?

  • このトピックには2件の返信、2人の参加者があり、最後にイワサにより2ヶ月、 1週前に更新されました。
3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
  • 投稿者
    投稿
  • #671返信
    イワ
    ゲスト

    質問させていただきます。
    質問は以下の2点になります。

    1.文字数が少ない記事が増えると良くないか?
    2.noindexの記事が増えると良くないか?

    1について

    以前有名ブロガーさんが、雑記ブログのABCということを発言されていて、これはブロガーとしてとても良いなと思いました。

    ※雑記ブログのABCとは
    ・A アクセス(集客)
    ・B ブランディング
    ・C キャッシュ(収益)

    という風に記事の役割を分けるということのようです。
    確かにブランディングというか、その人の人柄が見えるような記事を書くこともブログの魅力だと思います。

    ですがそういったある意味ポエムのような記事を書いて、文字数が少ない記事がブログ内に存在することはSEO上好ましくないでしょうか?
    ユウさんがおっしゃる細マッチョのようなサイトとは逆行する考え方ですが、一方でそういった記事を書くこともブログの魅力だとも思います。

    私としては1500文字~2000文字くらいの記事が10記事に1記事あるくらいなら許容範囲かな?とも思うのですが、いかがでしょうか?

    2について

    例えば記事の文字数が500文字とかの場合だとnoindexが良いかな?と思うのですが、こういったnoindexの記事がブログ内に増えることによる問題は考えられますか?
    書かない方が良いという意見もあるかとは思いますが、その500文字の記事がSEO的には良くなくてもユーザーに価値を生んだり、リターニングユーザーを獲得出来るとしたら書いても良いかな?と思ったりもします。

    私としては記事自体はnoindexなら低品質化の問題は回避できるかなと考えています。
    ただキャスでもお話されていたように、サイドバーやカテゴリページ・新着ページからの発リンク(記事へのアンカーテキスト)もカニバリの対象になるとのことでしたので、別のindexされている記事とのカニバリのリスクはあるのかなと。noindexのURLが増えることによる影響はちょっと分かりませんが。
    (あとは500文字とかだと滞在時間に影響が出るリスクもあるかもしれませんが…)

    こういったことを総合すると、私としてはカニバリを制御できるなら、noindexの記事が一定の割合でブログ内に存在しても問題無いかなと思うのですが、ユウさんはどう思われますか?

    #672返信
    ユウコキャスユウコキャス
    キーマスター

    イワさん、こんにちは。ご質問ありがとうございます。

    雑記ブログのABCって、めっちゃいい言葉ですね。僕もその通りだと思います。

    別にいいんじゃないでしょうか。僕は意識的にできるだけキャッシュに近い記事を入れがちですが、ブランディングに関する記事も全然ありだと思います。

    理由は「ブランディングの記事とキャッシュに関する記事は重複しないから」です。

    最近の傾向として、一つのコンテンツに関するクエリを集約するようなサイトは嫌われるので、ブランディングの記事とキャッシュの記事があるとむしろそういった部分は避けられるのかなと思います。

    また、ブランディングだけに関して言えば、別にアクセスを兼ねることもできますよね?いい例がマナブログさんだと思います。

    マナブさんは自己啓発に近い記事も多く、ブランディングを兼ねていると思いますが、アクセスでキーワードも取得しています。そういったサイト作りの方が効率的かなと思いました。

    2つ目について、500文字だからno indexするというのは時と場合によると思いますが、個人的にno indexの記事が増えてもいいと思いますね。

    サイドバーなどでカニバリを起こすこともありますが、それを制御するなら、それぞれに表示させなければいいだけの話です(最近はテーマ側でそういった設定ができるものも多いと思います)。

    あとは、そもそも価値提供だけを目的にする(キャッシュを設定しない)なら、別にそのドメインでやる必要ないと思います。

    noteやはてなのプラットフォームがあるので、そっちでやることも考えてみてもいいのかなと感じました^^

    #673返信
    イワサ
    ゲスト

    >別にいいんじゃないでしょうか。僕は意識的にできるだけキャッシュに近い記事を入れがちですが、ブランディングに関する記事も全然ありだと思います。

    >理由は「ブランディングの記事とキャッシュに関する記事は重複しないから」です。

    >最近の傾向として、一つのコンテンツに関するクエリを集約するようなサイトは嫌われるので、
    >ブランディングの記事とキャッシュの記事があるとむしろそういった部分は避けられるのかなと思います。

    私の考えがそう間違っていなかった様で安心しました。
    実は私がウォッチしているブログがすごく魅力的な記事を沢山書いていて、そういったコラムっぽい記事も良いよな~と思いました。
    マネタイズとか明らかな検索狙いの記事だけでなく、そういった記事を書くこともブログの魅力ですしね。

    >また、ブランディングだけに関して言えば、別にアクセスを兼ねることもできますよね?いい例がマナブログさんだと思います。

    >マナブさんは自己啓発に近い記事も多く、ブランディングを兼ねていると思いますが、アクセスでキーワードも取得しています。
    >そういったサイト作りの方が効率的かなと思いました。

    なるほど、確かにマナブログさんはユーチューブとブログを連動させていて、マーケティングやSEOが上手いと思っていましたが、そういう観点でマナブログさんを見ることもできますね!ちがう視点を得ることが出来ました。

    >2つ目について、500文字だからno indexするというのは時と場合によると思いますが、個人的にno indexの記事が増えてもいいと思いますね。

    noindexの記事がブログ内に一定程度あっても問題ないとのことで、こちらも安心しました。
    あと、ドメイン外でコンテンツを作るというのも確かにそうですよね。(キャスでもおっしゃっていましたが。)
    ブロガーだとどうしても自分のブログに来て欲しいというのがありますが、何が何でもブログ内に書くというのはちょっと横着な面があるかもしれませんね。

    自分の仮説の答え合わせをさせて頂くことが出来て良かったです。さらにいろいろ研究してみます。ありがとうございました。

3件の投稿を表示中 - 1 - 3件目 (全3件中)
返信先: 文字数が少ない記事・noindexの記事が増えると良くないか?
あなたの情報:




タイトルとURLをコピーしました