【あるあるから最悪まで】国内旅行で失敗したちょっと笑える体験談

目次

編集部が選んだ!おすすめの笑える国内旅行の失敗エピソード

2016年、宮古島に旅行に行く際、手荷物を持っていくのが面倒だったため、某宅配便を利用して送ることにした。宅配便業者の営業所止めで依頼したところ、岩手県の宮古の営業所から荷物が届いたので取りに来てくださいと連絡がきた。(20代男性・未婚・会社員)
友人と初めての沖縄旅行へ行く際に、空港に着くなり鞄の中をごそごそ、、、。「あった!!」と取り出した物を見るなり、友人が「それいらんやろ!!」と。沖縄へ行くにはパスポートが必須だと思っていました。(20代女性・既婚・主婦)
20代前半の時に男友達と二人で旅行に行ったときビジネスホテルの部屋の予約を間違えてツインベッドの部屋じゃなくダブルにしてしまった。(30代男性・未婚・会社員)
大学1年生の時、ライブで北海道に遠征に行った時、チケットが取れたのが急だったためホテルが取れず、カラオケで朝まで過ごせばいいかと思いカラオケに行ったが、たまたま営業時間が短い日で冬の寒い中夜の3時に追い出された。空港も空いてないため道をふらふら歩いていたらタクシーに拾われ交番に連れていかれた。幸い警察官の方は優しい方で、暖かい交番で朝まで時間を潰させてくれた。(20代女性・未婚・学生)
友達と夜行バスに乗って旅行に行こうとしていたのですが、時間を1時間間違えていて家でドラマを見入ってしまいました。気づいた時にはギリギリ間に合うか間に合わないかの時間帯で泣きながら友達に電話して急いで乗り場に行って、友達にもバスの乗務員さんに交渉してもらったりしたのですが、、、着いた瞬間バスが発車してしまい、友達1人で旅行先に行ってしまったことがあります。本当に申し訳ないことをしたなと思っています。(20代女性・未婚・学生)
夜行バスで東京まで一人旅も兼ねて好きなアーティストのライブを観に行った時のことです。バスであまり眠れなかったせいか、ライブの開演前に自分の席で爆睡してしまいました。その結果、アーティストさんが登場した時の会場の歓声で目が覚め「ビクッ」となってしまった恥ずかしさと、アーティストさんが登場する瞬間を見逃して損した気分で複雑な気持ちになりました。(20代女性・未婚・会社員)
小学生低学年の頃に四国八十八か所巡りを祖父母としていた時にお遍路さんを当時見たホラー映画の死装束を着た幽霊と勘違いしてガチ泣きしたこと(30代女性・未婚・在宅ワーカー)

10代に聞いた国内旅行の失敗談

小学校2年生の時の夏休みに大分県でライブフェスがあって、その際に宿泊した公民館で大量のダニに噛まれ、旅行中全身が痒くてまったく楽しめなかった(女性・未婚・学生)

20代に聞いた国内旅行の失敗談

10歳頃、家族で旅行に行った時の話です。はとバスにのって観光中、ごゆっくりおくつろぎくださいとアナウンス。私はくつろぎすぎて満員のバスの中で盛大にオナラをこきました。恥ずかしくて周りが見えませんでしたが、静まり返っていました。(女性・既婚・主婦)
今年生まれた子どもを連れて、子供にとっては初めての泊りがけの旅行へ行きました。旅行先では使い捨て哺乳瓶を使おうと思っていましたが、全く子どもが受け入れてくれず、結局薬局で普段使っている哺乳瓶を買いに行きました。(女性・既婚・専業主婦です。)
大学一年生の時、友達と沖縄旅行に行く時、沖縄行きの飛行機に乗るまで時間があったので空港のカフェに行ったのですが、そこでドリンクを受け取る際、カウンターに置いていたスマートフォンを思いっ切り床に落としてしまい、スマホが完全に使えない状態になってしまいました。もちろん着いた先の沖縄では誰とも連絡とれず、写真も撮れずでした。(女性・未婚・会社員)
18歳の時に飛行機をLCCを予約し、受託手荷物が含まれていないのを知らず。追加するのもクレジットカードが必要だったが持っておらず。空港カウンターの人がカードを貸してくれました。(女性・未婚・学生)
5年前に友達と大阪を3泊4日で旅行した時に、7万くらい財布にいれたので、全然余ると思っていたが、調子にのってお土産を買いすぎて財布の中がすっからかんになりあわてて銀行に行ってお金を出したこと。(男性・未婚・事務職)
2018年8月、28歳、島根県に旅行で行った時に飛行機のチケットを取った日が1日間違えていて、危うく乗ることが出来なくなるところでした。(男性・既婚・会社員)
20歳の誕生日にUSJに行く為鹿児島から大阪へ行ったのですが、前日楽しみでなかなか眠れず、なんとかUSJまでたどり着いたものの、寝不足がたたって尋常じゃない吐き気に襲われ、1時間もしないうちに帰りました。(女性・未婚・小売業勤務(社員))
18歳の時に、免許も取得できたので、友達と初めてレンタカーを借りて車で旅行に行くことになってワクワクしていたら、当日免許証を忘れてしまい、1秒も運転できなかったこと。(女性・未婚・大学生)
大学一年生の時、予約完了までしっかりしていなかったため、満室になったホテルに泊まることができなかった。(男性・未婚・学生)
大学4年生の時、ツアーで申し込んだ旅行だったので旅行中お得に使えるお食事クーポン券を貰ったのだが、旅行中に無くしてしまった。(女性・既婚・主婦)
風邪を引いて鼻水で鼻が詰まったまま飛行機に搭乗。気圧の変化の影響で着陸した時にはほぼ耳が聴こえない状態に。そのままディズニーランドにて無音で1日過ごしました。(女性・未婚・理学療法士)
20歳の時九州から東京の方へ友達を訪ねに旅行をした。そのとき夕方六時頃の電車を利用し友達の家を訪ねたのだがあまりに電車内がぎゅうぎゅうで何の覚悟もしてなかった私はそれだけで疲れはててしまった。(女性・未婚・バーの店員)
大学生の時に友人と夜行バスでスノボに行く予定が、バスの時間を間違えてしまい乗り遅れました。急遽レンタカーを借り免許を取ったばかりで雪道や山道を走ったことがないのも言えず夜通し運転してスキー場まで行きました。(女性・既婚・会社員)
22歳の時朝早い新幹線で旅行に行くことになり新幹線で寝ればいいやと思い当日新幹線に乗ると指定席が取れず自由席も空きがなく
寝てないまま新幹線でも目的地まで立ちっぱなしで本当にしんどかった(男性・未婚・webデザイナー)
23歳のとき、旅行先でタイムスケジュールをきちんと組んでおらず、中途半端な時間に予定してたところが終わってしまった。余った時間がもったいなかったのでレンタカーを借りたが、時間の割に高かった。(女性・既婚・主婦)
2年前に伊豆へ旅行に行った際、家にメガネを忘れてしまった。長時間コンタクトをつけている訳にもいかないので、全く見えない状態で夜を過ごすことになり辛かった。(女性・既婚・会社員)
大学生の時、東京から大阪に向かおうとして、飛行機をとっていたのですが、国内線は、国際線よりだいぶ時間に余裕があると思っていたら、乗り遅れてしまったこと。(女性・未婚・会社員)
2017年、25才の時千葉から東北にラーメンを食べに行きました。行きたいお店があったので定休日も確認しラーメン屋さんに向かいました。お店が見え、胸が高まりました。しかし同時に、お客さんの姿が私達以外に見えなかったので不思議に思いました。近づいてみると臨時休業の紙が、はってありました。(男性・未婚・イラストレーター)
眼鏡を忘れた。大学一年のとき一泊の旅行で眼鏡を忘れてしまい、夜大変だった。普段はコンタクトだが、夜は眼鏡なので、夜の行動が制限されました。(男性・未婚・学生)
1泊3日しかしないのにキャリーケースを持って行ってしまったことです。一緒に行った他の友人は持っていなかった為、1人だけ階段移動がとても遅くて迷惑をかけてしまいました。(女性・未婚・会社員)
20歳の冬、北海道旅行で4時間かけて食べるディナーを旅行初日から熱が出て寝たきりになり、4時間かけて食べる体力がなく食べることが出来なかった。今後、機会が無ければ体験できないディナーであったため後悔している。(女性・未婚・栄養士)
大学二年生の二十歳の時、友達と沖縄へ旅行に行ってお酒を飲みすぎてしまい、
次の日は二日酔いで観光どころじゃなくなってしまった。(女性・既婚・事務パート)
三年前、初めてのUSJでの出来事。深夜2時発の夜間バスにのり、福島県から大阪に向かってる途中私達は封筒に入れた30万円を忘れ財布の中身はたったの2万程。血の気が引いた。ワクワクだった表情が一変したあの時感情。忘れられない。(女性・既婚・事務員)
大学1年生の時、彼女と城崎温泉に旅行に行った際電車に乗って行ったのですが、駅に着いてから旅館に向かっている途中に車に轢かれてしまった。幸い重症にはならなかったが、傷が出来てしまい温泉に入ることができなかった。(男性・未婚・大学生)
22歳の頃に那須に旅行に行った時、稼ぎもあまりないので宿泊先は値段優先でできるだけ安いところを予約しましたが、そこが観光スポットからものすごく遠く、また大通りから細道に入って徒歩20分もかかるようなところで、失敗しました。チェックインが夜だったのですが、辺りには該当もなく、暗い夜道を携帯片手に怖がりながら歩いたのを今でも覚えています。(男性・未婚・大学院生)
19歳の頃、貧乏旅行でホテルを取らないまま見知らぬ土地を彷徨った結果、田舎町の温泉の帰りで駅に着いた時には既に終電が出ており3月の寒い中を始発まで無人駅で過ごす羽目になった。(男性・未婚・自営業)
23歳の時、ホテルに一泊した後、次の日は早朝から観光をしようと思っていたが、昼までホテルで寝過ごしてしまい観光できなかったという失敗をしました。(女性・既婚・会社員)
23歳の時、母を初めて東北の方に旅行に連れて行った時、写真では予約したホテルはとても綺麗で蟹もあるのが売りだったが実際行ったらボロボロで蟹もスカスカだった。(女性・未婚・医療技術)
9年前、20歳の時、那覇空港で飛行機の待ち時間にお土産を選んでいたら、熱中しすぎて危うく飛行機に乗り遅れそうになって、空港内を必死で走って搭乗口に向かった。とても恥ずかしかった。(女性・未婚・会社員)
大学生の時、過去にやってしまった失敗談としては日付を勘違いして予約した新幹線に乗り遅れてしまったことです。友達から電話が来てその後自腹で追いかけました。(男性・未婚・システムエンジニア)
22歳の時、沖縄へハネムーンへ行く時の搭乗手続きの時、身につけていた金具のもの全てを取ったはずなのに当時履いていたサンダルに金具がついていたのを忘れて何度も探知機を1人だけ通っていて恥ずかしくて、夫にもとても笑われたことです。(女性・既婚・専業主婦)
24歳の時、旅行先から自宅へ帰る時に電車に乗った時に切符をなくしてしまい駅で乗車料金を支払うことになってしまった(男性・未婚・会社員)
23歳の時に東京に旅行に行ったときに東京についてすぐにすっ転んで、血まみれになって足を捻ってしまったこと。(女性・未婚・サービス業)
25歳の時に群馬旅行に恋人としていたとき、草津と伊香保を勘違いし、帰りのバスを間違えてしまいもう一泊したこと。(女性・未婚・営業)
24歳の時に東京に旅行に行こうと思って地元の空港に行ったのですが、飛行機の入り方がわからず搭乗口にそのまま手続きせずに入りました。(男性・未婚・会社員)
2010年の夏、当時20歳だった私が彼女との旅行で仙台に名古屋に行ったときでした。夕飯を食べる店を探したのですが、よい店が見つからずふらふらさまよって、お互いお腹もすいてイライラして…些細なことで喧嘩になり、そのまま彼女が東京に帰っていったことがあり、最悪な思い出となりました。(男性・既婚・会社員)
小学5年生の時に沖縄旅行へ行き、帰りの空港でお土産をたくさん買ったが、飛行機の中でお土産の袋が無いことに気づいた。その時には離陸し、すでに遅く、考えてもどこで無くしたか結局思い出せなかった。(女性・既婚・管理栄養士)
大阪旅行に行った際、普段飲まないのにホテルで大量にお酒を飲んだ。翌日USJに行き、付き合いでアトラクションに何度か乗った。その時点で少し気分が悪かったが、帰りの電車で、揺れがものすごく、車内の臭いにも酔ってしまい猛烈に具合が悪くなり、トイレで何度か吐いた。家についてからもしばらく吐き気が収まらなかった。(女性・未婚・無職)
22歳の時、大学時代の友人と九州へ。2人とも運転ができなかったところ、観光地の定額タクシーの運転手さんと意気投合し、翌日空港に向かうまでに名所に連れて行ってもらえることに。張り切った運転手の方と共に穴場スポットに連れて行ってもらったはいいものの、秘境すぎてそこから空港までの道で迷われ、結局帰りの飛行機に間に合わず。。。思わぬ出費になりました泣(女性・未婚・会社員)
19歳の時、 島に旅行に行って、海沿いにある岩に座って黄昏ていていたところ、知らぬうちにケータイを海に落としていて、運良く見える場所にあったのでら落としたことは分かったが、どうしても取る事が出来なかったため、島の方がわざわざ海に潜り、水没したケータイを拾ってくれた。(女性・未婚・事務員)
20歳の夏、東京及び京都へ旅行に行った際の失敗体験談です。
旅行はゆっくりと回りたかったので、あまり予定を密にしないように計画していました。しかし、東京はそれでイメージ通りの旅行となりましたが、京都では予定がなさ過ぎて逆に暇になる自体に陥りました。計画段階では移動時間などを理由に諦めていた観光スポットもあったので、残念な限りでした。(男性・未婚・学生)
20歳の時、沖縄の旅行に行った際、大学の成績発表の日と被っており、取得が難しい授業の単位が取れたことに調子に乗り、レンタカーを縁石にぶつけた。(男性・未婚・学生)
23歳の時に彼女と沖縄に旅行に行ったのですが、初日に凄くテンションがあがり、ホテルのプール前でバーベキューをしたのですが。オリオンビールが美味しくてかなり飲みすぎて、そのままお風呂に入ったあと、着衣所の扇風機の前で寝てしまい、1時間ぐらい彼女を待たせたのが凄く苦手思い出です。(男性・既婚・会社員)
20歳にひとり旅行をして帰る際、空港の到着時間が逆算出来ておらず、大慌てで電車に乗り込み、到着後も指定のターミナルまで泣きそうになりながら大急ぎで走りました。なんとか間に合いましたが、あのときは もう帰れないかと思いました…(女性・既婚・主婦)
春、27歳の時に浜松まで車で夫婦で一泊二日の旅行に行きました。しかし、一日目の晩に不眠症が悪化して一睡もできずに体調不良になりました。帰り道はどこにも寄らず、その日の運転も私は一切できず、寝て過ごす二日目となりました。(女性・既婚・主婦)
新幹線のチケットを先に購入していたのに駅について忘れたことに気づかずに改札で気づいてしまい、もう戻るに戻る時間がなかったため、またチケットを買い直した。(女性・既婚・スポーツインストラクター)
23歳茨城県在住時、仕事場の同僚と3人で兵庫県に旅行に行った。日程は3泊4日のはずだったが、1日目の夜に食べた生牡蠣に私と同僚1人があたってしまい、3日目の夜まで寝込むことになった。(男性・未婚・アパレル店員)
石川県の金沢に行く時になんの下調べもせずに一泊二日の旅行に向かいました。金沢の海鮮やお寿司が食べてみたくて店に向かってみると予約必須のところばかりで、食べたいものが食べられず一緒にいた彼女に怒られました。(男性・未婚・学生)
18歳の高校生の時に、飛行機で地元の広島から東京へと旅行したときのことです。天候が悪くて少し飛行機が揺れて、乗り物酔いが非常に激しい自分はヘロヘロになってしまいました。その日の晩御飯が東京での有名なレストランに行くことになっていたのですが、乗り物酔いで吐き気がすごかった私はホテルでその日は一晩中横になり、レストランの食事を頂くことができませんでした。(男性・未婚・フリーター)
大学2年生の時に、友人と旅行に行くことになった時の事。取り敢えず数カ所安いホテルを予約して抑えて、あとで比較して選ぼう!ということになり、ネット予約で3カ所抑えていました。しかし、最終的に友人の知り合いがいるゲストハウスに泊めてもらえることになり、ホテルは不要になったのですが、3カ所中1カ所のキャンセル手続きを忘れてしまいキャンセル料を全額支払うはめになりました。(女性・未婚・大学職員(事務正職員))
23歳のとき、ある山の上にある夕日の穴場スポットに行きました。バスは1時間に一本もなく、バス停からスポットまでも20~30分は歩かなければなりません。公共交通機関では大変アクセスの悪い場所でした。その夕日スポットに着くと、同じように景色を見に来た旅好きのおじいちゃんがおり、同じ旅好きということもあって話が盛り上がりました。おじいちゃんは車で来ていて、「帰り道、よかったら駅まで乗せていくよ」と提案してくれました。なんて有難い!と喜んで乗車したら、ひと気のない道を通ったときに、「乗せてあげたんだからいいでしょ」とキスされそうになりました…。拒否したら止めてくれましたが、日本だし安全だろうから・旅行先の一期一会を楽しみたいから・いい人そうだったからと、安易によく知らない人の車に乗り込んでしまったのは大失敗でした。(女性・未婚・メーカー事務職)
23歳の時に、初めて彼氏と行った沖縄。おそらくコンビニでアイスを買ったときに財布を無くしてしまった。高い買い物になりました。。(女性・未婚・会社員)
27歳の時、京都の夕日が浦温泉にいったのですが妊娠中だったため途中で気分が悪くなり食べたものすべて戻したこと(女性・既婚・専業主婦)
18歳の時、大学の友達と三重県の川に泳ぎに行った時、川の流れが強く、足が取られてしまい、おぼれかけた。(女性・未婚・会社員)

30代に聞いた国内旅行の失敗談

24歳の時、朝のバイキングで食べ過ぎてしまいホテルからの送迎バスの中で苦しむことになった。アウトレットまで送迎してくれるバスだったが、道も混んでいてやっと到着した時は買い物どころではなくトイレを探す方に時間を使ってしまった。(女性・未婚・無職)
28歳の時に大阪に旅行にいく際に、事前に飛行機を予約していたにも関わらず、予約したこと自体を忘れており、当日新幹線に乗ってしまった。(男性・既婚・会社員)
29歳の時、旅行に行ったりするとスマホでたくさん写真を撮ったりするので小まめに充電できるように携帯充電器を持ってきてたのですが、ケータイの充電がなくなりそうだったのでそれを使おうとしたら携帯充電器とスマホを繋ぐ線を忘れてきてしまい、充電が全くできなくなって旅行の後半は写真が撮れずに終わってしまいました。その携帯充電器は最大5回分まで充電できるので、普通の充電器は持ってきておらず、旅館でも充電する事ができませんでした。最後の方は友人のスマホで写真を色々と撮ってもらったりしていました。(女性・未婚・フリーター)
20歳の時、旅行中に便秘になり、初めて便秘薬を飲んだらひどくお腹を下してしまい、ずっとゲッソリと過ごしました。(女性・既婚・専業主婦)
30歳のころ家族旅行に行く際に事前にネットから予約をしました。当日になりホテルに行くと予約されていないと。そんなはずはないと思い予約サイトを見るとチェーン展開しているホテルで、○○ホテルXXではなく○○ホテル△△という風に場所を間違えていた。(女性・既婚・主婦)
38歳の時、新婚旅行で神戸の中華街に行き、そこで立ち食いの北京ダックを注文したのですが、その北京ダックを食べる直前に、中身の具が落ちてしまい、それを妻に見られ、笑われてしまいました。その時は私もつられて笑ったのですが、そのあと、また残りを食べようとすると、ポチャッと残りの中身の具がはいていたジーパンに落ちてしまい、妻からは「どんくさい」と言われ大爆笑され、結局北京ダックは食べられず仕舞いでした。(男性・既婚・会社員)
28歳の夏にディズニーランド行きの夜間バスの手配を大人2名、子供1名とするところを逆に予約してしまい、新幹線で行くことになってしまった。(男性・既婚・会社員)
20代後半か、30代入った頃だったと思います。別件で東京に母と行く時に、ついでにTVで見かけたアフタヌーンティーが食べたいねという話に。下調べをしていったのですが、私たちが訪ねた丸の内の店舗には目的のものはないといわれました。都内にいくつかある店舗のうち、目的のものが食べられる店舗は銀座のみだったのです。下調べをしたのに間違ってた・・・というのが、かなり恥ずかしかったし、悔しかったです。(女性・未婚・自営手伝い)
私が中学卒業旅行でディズニーランドのバスツアーに参加したのですが、帰りの集合場所が分からなくて1時間もバスを待たせました。(女性・既婚・主婦)
大学生の時、民宿に泊まった時、帰りの飛行機の時間がぎりぎりで、お財布とスマホを宿に忘れてしまい、そのまま帰ってしまった。(女性・未婚・事務職)
大学生の頃、岡山駅の西口に2つも東横インがあり、思い切り違うほうの東横インで「予約してますけど!」と言ってしまったことです。(女性・既婚・会社員)
大学時代にサークルの仲間で箱根に旅行に行く際にレンタカーの日にちを間違え予約できておらず、その日に借りられるのがワンボックスカータイプしかなく追加料金を払う羽目になってしまった。(女性・既婚・会社員)
大学2年生の時、ある要件で北海道に旅行に出かけたが、メインの要件が無事に終了し空き時間が生まれたので、何処か行ったことのない場所に行こうと考え、結果としてメロンが有名な夕張に行くことにした。観光シーズンだったのでさぞやにぎわっているに違いないと予想していたが、実際に到着すると僅かながらの地元住民しかおらず、目当てのメロンは季節外れで味わうことが叶わず、帰りの電車も4時間待ちという状況だった。後で知ったのだが、その頃の夕張は既に過疎化が進んでおり、碌に観光客など誰も来なくなっている状態でした。(男性・未婚・会社員)
29歳の頃に、家族旅行で鹿児島県に行った時に決めていたスケジュールよりも時間が押して昼食が夕方になってしまって、我慢して食べない選択もあったがせっかくだし事前に食事をする店も決めて楽しみにしていたのでラーメンを食べた。その日の宿泊した旅館で出てきた懐石料理を食べる前からすでにお腹がいっぱいで苦しかった。胃がはちきれそうだったこと。無理矢理食べたが美味しいはずのせっかくの料理が苦行のようで、あまり楽しめなかったのが残念だった。(女性・未婚・会社員)
学生時代、貧乏旅行だったので帰りは夜行バスを使って帰宅。疲れ過ぎてあまりにも眠かったせいか爆睡してしまい、目的地で降りるのを忘れて終点地へ。結局戻る為にそこそこの交通費を使うことになっちゃいました。(女性・未婚・会社員)
今年の夏の家族旅行で、天気予報が雨や曇りだったので水着だけしか持っていかなかったが、実際は晴れたので、ビーチサンダルやラッシュガード、日焼け止めなしでプールに入ったら日焼けをしてしまったことです。(女性・既婚・パート)
短大生の頃、彼氏と初めて行った旅行で、宿に着いてお風呂に入る際に下着を一式忘れてしまったことに気が付いた。(女性・既婚・専業主婦)
今年の夏、旅行先で朝身支度をしようとしたら、ヘアケア用品と化粧道具一式を忘れてしまったことをその時初めて気づき、失敗しました。近くのコンビニでメイク道具は買えたのですが、その分無駄な出費をしてしまったし、ヘアケア用品は買うのを忘れてしまったので、その日は髪がぐちゃぐちゃのまま1日をすごしました。(女性・既婚・専業主婦)
32才の時、伊豆旅行へ一人旅に行ったとき、駅から1kmの宿泊所までタクシーで行こうとしてタクシー会社にTELをしても、誰も出てくれず、宿泊所に電話しても「食事の準備中でお迎えには行けません」と返事があり、歩いて行くことになりました。結局200mくらい歩いたら宿泊所の人が迎えに来てくれましたが、タクシーがないときがあるとはこの時は想像もしておりませんでした。(女性・未婚・一般事務)
せっかく旅行に来たのだからと暴飲暴食をし、寝る時間も惜しんで遊んだ結果旅行中に体調を崩してしまい、後半はただただ辛かったです。(女性・既婚・現在は専業主婦)
4年前、夫と北海道の富良野へ旅行に行ったとき、格安プランで予約したところ、富良野ではなく旭川のホテルだったため、移動の時間と交通費が無駄にかかってしまった。JRの本数も少なく不便だった。(女性・既婚・専業主婦)
20代前半の頃です。
フェリーで旅行に行った帰りでした。出航時間が近付いているにも関わらず船が来る様子もありません。他の車も2~3台。流石に変に思いチケットを見てみると……出航予定→29日の夜1時現在→29日の23時30分。あー!!・と思いました。勘違いしていて1日ズレていました。仕方なくそこから車で遠路はるばる帰宅したのを覚えています。(男性・既婚・会社員)
25歳の頃、友人と2泊3日で旅行に行ったのですが、当日寝坊し慌てて家を出たため、着替えを入れていたバックを忘れてしまいました。そのため、着替え等を現地調達となり、予期せぬお金がかかってしまい、旅行先であまり贅沢できませんでした。(女性・既婚・主婦)
22歳の時、草津温泉へのバス旅行で貸し切りバスだと思ってちょっとくらいなら待ってくれるだろうと2分遅れくらいでバス乗り場に着いたら0、高速路線バスで容赦なく置いていかれてしまい、特急料金を払って電車で行った。(男性・未婚・会社員)
25歳のとき、東京の駅で階段を降りていたら電車が来そうになって焦ったら思いっきり階段から落ちて転んでしまった。その日履いていたタイツに穴が空き、恥ずかしいのを隠して乗ったら逆方向の電車だった。(女性・未婚・会社員)
2年前に福岡からディズニーランドに1人で旅行に行ったときのことです。ホテルはディズニーリゾートを取っていたのんですが、帰りの飛行機を成田空港からの便でとっていたにも関わらず、羽田空港だと思い込んでいました。気が付いたのは、ホテルをェックアウトしてリムジンバスに乗った後でした。ディズニーランド前の停留所にとまったタイミングで急いで降りましたが交通機関で成田に向かおうとしても全然間に合わない状態でした。でもGoogle先生は車なら間に合うと教えてくれていたのでタクシーを呼んで成田空港に向かい、なんとか飛行機に乗ることが出来ました。でもタクシー代は1万円もかかってしまい、本当にショックでした。(女性・既婚・当時は正社員として会社員をしていました。今は、7月末に退職し、主婦をしています。)
31歳の時大阪で荷物を入れていたバックを昼食をとったところに忘れてしまい、そこから1時間ぐらい離れたホテルに着いて荷物がないことに気づいた。(女性・既婚・専業主婦)
25歳ころのとき、彼女と仙台と旅行に行きました。避妊具を現地で買おうと思ったら、コンビニやスーパーすらなく・・・。彼女とけんかになったのはいうまでもありません。(男性・既婚・看護師)
24歳の時、仕事でイライラしていた金曜日の夕方、次の日は休みだし、大阪に言ってUSJに言って美味しいもの食べて帰ろう!と後輩の同僚と計画し、新幹線&ホテルを抑えていざ東京駅へ!20時前の新幹線に乗り最初はウキウキしながら話していたのですが、名古屋駅を過ぎてからの記憶がなく、二人とも爆睡。気づいたら新大阪を出発したあとでした。。。
(結局、広島でお好み焼きを食べ、広島のホテルに宿泊し、広島を散策してかえりました。)(女性・既婚・契約社員)
22歳の時に旅行先での食事の予約がとれてなくて焦ったが、相席でも良いといってくれたお客さんがいて助けられました。(女性・既婚・会社員)
社会人2年目で旅行先の大阪の海遊館でデートをするときに大阪環状線に乗ったのですが、全く慣れていなかったために、逆方向に乗ってしまったり、難波からの分岐を間違えたりと、かなり電車に乗るのに手こずりました。(男性・既婚・会社員)
18歳でのはじめての自分達で決めた卒業旅行、大阪と京都を二泊三日で楽しもうと決め、二泊目の大阪でのホテルが見つからず、それもそのはず、降りる駅を間違えうろうろ、疲れて三駅ほどタクシーで移動。貧乏旅行のなか痛い出費となりました。(女性・未婚・販売員)
30歳の時、新幹線で京都駅から博多駅まで行く予定で、出発しましたが、新幹線に乗って五分ほどして、旅行用バッグがない事に気付き、すぐ次の駅で降りて戻りました。バッグは椅子の上にそのままの状態で置いてあり、安心しました。とても焦りました。(女性・既婚・エステサロン勤務)
22歳の時です。一人旅で高知県へバスツアーを利用した話です。丸一日色んな観光をして、温泉に入り、美味しい物を食べ、ゆっくり部屋で過ごして、次の日の朝が8時半にバスに集合だったので、早めに寝たにも関わらず、携帯もマナーモードで、目覚ましにも気付かず、添乗員さんからの着信にも気付かず、ドアの叩く音でやっと目が覚めたのが9時過ぎでした。急いで着替えて荷物をまとめて、慌ててバスへ。私が寝坊したせいで皆さんがバスが出るのを待っていたので、謝りながら席について、下を向いてましたが、周りの皆さんが、ご飯食べてないでしょ?とみかんや飲み物を頂きました。周りの皆さんが本当にいい人ばかりで良かったです。(女性・既婚・営業事務)
今から10年程前、20歳頃に初めて熊本へ1泊2日で旅行へ行きました。私は九州在住という事もあり、車で行ける距離だったため車で行ったのですが、ちょうど積雪の季節(2月)だったので、予約した阿蘇のホテル周辺までの道のりは雪で真っ白。取り立ての免許で雪道を走る事になり…大変でした。(女性・未婚・在宅ワーカー)
20代のころ、初めてダイビングをした時です。ダイビングのお店から海まで車で5分程度でしたがなにも持たずに行きました。帰り、びしょ濡れのまま車に乗る事になり、それだけでも申し訳ないのに、季節は夏。車の中は冷房がガンガン付いていました。しかも、エアコンの吹き出し口の近くに座る事になり、濡れたままのエアコンは寒すぎる、、、夜に頭が痛くなり、薬を飲んで寝てました。(女性・既婚・パート)
去年の冬、当時33歳でしたが、関東の大きなショッピングモールに家族で行った時に、トイレでLINEチェックしてそのままわすれて帰ってしまったことがあります。閉館ギリギリで帰宅したのですが、帰り道で気付いて慌てて戻るももちろん閉館後…。案内所を探していたら警備の方と会って事情を説明したところ、その方が拾ってくださってました。指紋認証で本人だと認めてもらえ、すぐに私のもとに帰ってきてホッとしました。(女性・既婚・美容業)
学生時代、北海道へのスキー旅行でマスクを持ってくるように言われたが、当時ウィンタースポーツ用のフェイスマスクを知らず風邪マスクを持って行ってしまった。吹雪の中風邪マスクは全く役に立たず、いっしょに行ったサークル仲間からもばかにされた。(女性・既婚・団体職員)
大学1年生で、初めて彼とディズニーランドに旅行に行った時に、化粧道具を持っていくのを忘れて、2日目はずっとすっぴんで過ごした。(女性・既婚・会社員)
20歳過ぎのころ、友人と電車で大阪旅行に行き、帰りの電車もしっかりと調べていたのに電光掲示板を見て「1番ホームに来た電車だから大丈夫」と深く考えずに乗ったら環状線ではなく奈良行きの快速電車だった。途中でおかしいと気付き引き返したはいいが当然指定席を取っていた電車には間に合わず、終電の電車にギリギリ飛び乗ることが出来た。今となっては良い思い出だが当時は友人に申し訳なさ過ぎて年甲斐もなく泣いた。(女性・既婚・専業主婦)
宿泊予定日を1日間違えて予約していて、旅館についたら部屋がとれてなくて急いで違うホテルを探しました。(女性・既婚・主婦)
今から15年ほど前の大学生だった頃、友達と東京に遊びに行きました。東京駅について荷物をコインロッカーに預けようと探し回ったのですが、使用中のものばかりでなかなか空いているロッカーが見つけられませんでした。ようやく使えるロッカーが見つかって、さあ遊びに行くぞとテンションが上がってしまい、ついつい鍵をかけ忘れてしまいました。たっぷり遊んで、さあ荷物をロッカーから取り出そうと思ったら、何故か鍵がかかっている…。私も友達も鍵持っていないのに!焦ってコインロッカーを管理しているところに電話をし、マスターキーで開けてもらいました。幸いなことに、盗まれたものはなく、鍵の代金を請求されることもなかったです。(女性・既婚・専業主婦)
20代半ばのときに青森に旅行に行ったのですが、温泉に泊まり、その翌日帰路につこうとした際、帰りのバスに乗るはずがバス停の位置を完全に間違えて逆方向に行ってしまい乗れませんでした。新幹線の時刻も迫っていたので慌てふためきながら旅館の方に事情を説明しました。すると親切にもタクシーを呼んでくれたんです。そのタクシーで本来であれば絶対に間に合わないであろう時刻に間に合うことができ、新幹線にもなんとか乗れることができました。ただ、帰りのタクシーの速度は普通の一般道でしたが相当の速度が出ていたと思います。(女性・未婚・自由業)
私が28歳ころの時に、彼氏と行った神戸旅行での失敗した話です。
下調べをせずに行き当たりばったりで、とりあえずせっかく神戸に来たのだから神戸牛を食べようとなりました。食べたことがなかったので、漠然と高いイメージがあり、適当に入ったお店で神戸牛を頼みましたが、ワインの味ばかりして全然おいしくなく、無駄に8000円も払ってしまいました。きちんと下調べをするべきだったと後悔しています。(女性・既婚・専業主婦)
2019年の話しです。私38歳のオッさんが成田空港でやらかしてしまったことです。私は自分で言うのもなんですが、時間にはとても厳しいです。この日も飛行機出発の1時間半前に成田空港に着いていました。ラウンジでゆっくりしていましたが、それが仇となりました。出発の20分前くらいにロビーに着こうと行きましたが、時すでに遅しでした。LCの為、ロビーから飛行機までバスの移動の為30分前にいなくてはならなく飛行機に乗ることが出来ませんでした。その飛行機は最終便で翌日まで家に帰ることが出来なく、嫁にしばかれました。(男性・既婚・会社員)
10年以上前の25才くらい。格安のバスツアーで愛媛に一泊で出かけて、長時間のバスで、出発のバスが座席の居心地が悪く、腰が痛くなる。途中でイカの天ぷら食べ放題のイベントがあったけど、あまり美味しくなかった。ホテルについて、部屋から景色を見ると、目の前が坂になった道路で景色は最悪。お風呂は小さいお風呂が沢山あったけど、建物がプレハブ小屋みたいで、ムードもへったくれもなかった。(男性・既婚・会社員)
大学生の時、ふと思いつきで三重県松阪牛を食べようと東京から三重県にひとっとびしたのは良かったのですが、その日はGWでした。いくら三重県、地方部は観光客が少ないとはいえ、ホテルがとれずに苦労しました。(女性・既婚・在宅ワーカー)

40代に聞いた国内旅行の失敗談

10歳の時北海道旅行でラベンダー畑に行ったが、いい匂いでラベンダーが食べれると思い口に入れてしまった。(男性・未婚・会社員)
クルマで旅行に行こうとしていたのですが、1時間も走ったところでETCカードを持って来なかったことに気づき自宅へ戻った。(女性・未婚・無職)
20歳のとき、当時の彼氏と福岡・博多に行き、安くあげるためラブホテルに泊まったが、ハッスルしすぎてチェックアウト時間をだいぶ越してしまい、掃除の人が部屋に入って来た。(女性・未婚・会社員)
20歳のスキー旅行での事です。リフト最終となり、私は、少しでも長く滑りたいと欲をだし、途中から、迂回する事にしました。沢山の人の流れに乗ってしまい、ゲレンデとの合流地点を見落としてしまいました。しかも、その人達はみんな、近くの宿泊客ばかりで、気がつけば周りには、誰も、いなくなってしまいました。そしてもう一つ、気がついた事は、自分の宿泊しているペンション名を覚えていない。という事。『ゲレンデ図と、道しるべに書いてあるペンション名に覚えがあるか』を、頼りに、薄暗くなる雪道を歩きました。最後は、道しるべも見えなくなり、建物の明かりと、外観だけを頼りに、何とか、辿り着いた事がありました。何でも人任せな私が、少しの冒険のつもりだったのですが、大失敗してしまい、とっても、迷惑かけてしまいました。(女性・既婚・専業主婦)
46歳、ついこの間のお話。東京にはさして興味はありませんが、根っからの三国志ファンの私。休日はシフト制のため週によってまちまちです。ある休日、この日を逃してなるものかと意気込んで、京都から新幹線に乗って三国志展目当てに東京へ。なんと。。月曜日でした。。。博物館は当然お休みです。江戸前寿司食って帰りました。(男性・既婚・会社員)
娘が1歳の時に、家族の仕事の関係でみんなで天橋立に行った際、急いでいるのと、先に夫が娘を車に乗せたことで、靴を履かせることに気づかず、靴を忘れてしまったことです。団体行動の為、靴を買いに行くことが出来ず、1泊2日でしたが、天橋立の海岸とホテルの中以外はすべて抱っこをする羽目にななりました(泣)(女性・既婚・パートタイマー)
22歳の時、大学同級生の仲間と青春18きっぷを使用し、東京から愛媛県に行った時のエピソードです。青春18きっぷは、有効期間当日限り、特急、新幹線が使用できない為、事前にどの電車に乗るかをスケジュールし決めていました。ほぼ1日中電車に乗る事になるのですが、途中駅で猛烈な腹痛に見舞われ、予定していた電車を途中下車しなけれなならない事態に。旅は途中で中断。岡山駅で宿泊しなければならない事態となり、切符も買い直しに。片道2,000円程度の旅が、結局15,000円程度かかってしまい、新幹線もしくは飛行機を使った方が良かったという失敗がありました。(男性・既婚・会社員)
36歳の時、今の嫁と初めてディズニーランド含めた東京観光に行った際に、宿泊したホテルにブルガリの時計を忘れてしまい、ディズニーランドへはオープン前に到着予定だったのが大幅に遅れて、空気が一気に悪くなった。(男性・既婚・小売店勤務)
車で旅行に出かけました。(夫、2歳の息子、犬)チェックアウトをして車で帰る準備をしていた時、先に息子と犬を乗せて、荷物を積んでいたら、鍵をさしたままドアを閉めた際、犬がドアロックをしてしまい、中にいる息子もまだロック解除も出来ず、JAFを呼んで開けてもらいましたが、その時はJAF会員ではなかったため、予定外の出費になりました。(女性・既婚・パート)
40歳位の頃、家族旅行(5人)で蓼科に行った時の事です。生理にあたってしまいシーツ、敷き布団まで赤く染めてしまいました。敷き布団は部屋にあった雑巾でなんとかうっすらになるまで拭き取り、シーツは洗面台で石鹸洗いをしましたが、完全に落ち切らないままでした。恥ずかしく、手紙で汚してしまった事を書き残してチェックアウトしました。(女性・既婚・医療事務パート)
大学2年の夏休み、友達と旅行に行った時財布が無くなって大騒ぎに。友達にお金を借りたりカードを停止したりして大変だった。疲れて帰って旅行の片付けをしていたら家で財布が見つかり猛反省した。(女性・未婚・音楽講師)
2年前、30代の時に辛い事があって気分転換のため一人旅に行きました。元ツアコンの友達に教えてもらって奈良へ。私は方向音痴であるため駅からホテルまでの道や各観光名所など調べに調べて行ったのですが、やはり迷い、駅から徒歩10分のホテルに2時間かかり、後の予定はずれまくり。色んなとこ行けなくなりました。気分転換の旅でまで辛い思いをしました。(女性・未婚・無職)
新幹線のチケットをとり、友人に一枚わたし、自分は東京駅、友人は品川駅から乗車。が、当日友人から電話がきて新幹線の改札にはいれない!というので特急券しか渡してないことに気付き。あわてて、JRで品川駅までいき、友人と合流してギリギリ新幹線にのりました。新幹線は乗車券と特急券の二枚必要なんですね。。。(男性・未婚・自営業)
5年くらい前に大阪旅行にいき、宿泊のホテルにチェックインしようとしたら、予約日を1日間違えていることが判明。焦りましたが、平日で空きもあったため、特別に変更していただけました。料金をとられることもなかったので、親切に感謝しました!(女性・未婚・アルバイト)
42歳だった去年。新宿駅から夜行バスに乗るはずが、人身事故の影響で移動が時間どおりにいかず、乗り遅れました。おかげで深夜にホテルを探し、翌日の仕事は休み、バス代を払っているのに新幹線で帰る羽目になり大出費でした。(女性・既婚・会社員)
普段はコンタクトレンズで、夜だけはメガネをかけているのですが、メガネを家に忘れてしまい、旅行先でちょっと不便な思いをしました。(女性・未婚・フリーランス)
35歳の時、家族3人で2泊3日の旅行に行きました。子どもが喜びそうな動物園があって、その動物園の入園チケットがついた宿泊プランがあったので予約したのですが、2泊分の予約をしてしまったので、動物園の入園チケットが3人分×2日ついてきてしまいました。当然のことながら入園チケットのついてないプランの方が割安だったので、失敗したな~と思いました。(女性・既婚・専業主婦)
今から10年以上前の話になりますが、都内より伊豆方面へ旅行に行きました。当日のチェックイン予定は14時でしたから結局到着したのは19時頃…送迎のバスも自分達の為だけに待ってくれていて旅館の方々も玄関の前で待ち構えてくれて食事の時間はギリギリだしもうバタバタでした。ゆっくりする為に行った温泉でイマイチゆっくり出来なかった思い出があります。ちなみに原因は大した事ではなく『伊豆』という地域の特性によるものでした。下田方面と西伊豆方面へ行くのでは全く所要時間も違い、感覚の思い込みから大幅な遅れになってしまいました。それ以来せっかちになり徹底的に下調べして1時間前に到着するようになりました。(男性・未婚・フリーランス)
27-8歳ごろ、妻と群馬県に1泊2日で車でスキーに行ったとき、ノーマルタイヤでチェーン無しで山道を走っていたら、車がスリップして1回転。幸い、周りに車がなく、事故にはなりませんでした。そのあとすぐチェーンをつけました。(男性・既婚・会社員)
42歳の時つまり昨年の夏の話ですが、ご存知の通り昨年の夏は記録的な猛暑でありまして、そんな最中青春18きっぷで愛知県に行く道中暑さに降参したわけではなかったのですが、昼食で入った定食屋でアルコール飲み放題のサービスをやっていてすかさず注文しました。それでも暑さでまだまだ飲み物が欲しく愛知県内のコンビニで1リットルのお徳用のコーヒー牛乳を買い一気飲みしました。するとその日の夕方ぐらいから腹痛になってしまい、しばらく腹痛の状態が続きせっかく18きっぷで電車代を節約したのに病院代が余計にかかってしまいました。(男性・未婚・塗料製造工)
30際の時、妻と旅行に行き、駅のコインロッカーに荷物を入れて目的地へ。ホテルに戻る前に回収するはずが、すっかり忘れてホテルへ。妻のあきれた表情が今でも思い出します。(男性・既婚・会社員)
最近の話ですが電車を乗りついで乗り継ぎのバスを待っている際に全く違うところで待っていて何本も見過ごしてしまいました(女性・既婚・主婦)
28歳の時、家族で長崎の温泉旅館に泊まった時、温泉に行く主人に子供用の浴衣を渡してしまい、主人も気づかず、温泉に行ってしまいました。温泉から上がり、浴衣を着ようとした主人は丈がみじかいことに気づき、ダッシュでお部屋まで戻ってきました。(女性・既婚・専業主婦)
38歳の時富士宮のホテルに行こうとしたら、間違えて山梨側に行ってしまい、道に迷ってしまい到着したのが早朝になりました。(男性・既婚・精神保健福祉士)
19歳の夏、ひとりで飛行機に乗り新千歳から羽田へ。私は田舎者で、飛行機に乗るのは修学旅行の団体行動のみでした。羽田では、先に行っていた父親が迎えに来てくれることになっていました。父から「飛行機から降りた場所で待っている」と言われていました。羽田につき、私は飛行機から連結通路(今調べたら、ボーディングブリッジというようです)を通り、ターミナルビルに数歩入ったところで待っていました。待てど暮らせど、父の姿は見えません。全ての乗客が降り、人影もなくなり孤独でした。父の携帯に電話をかけますが、羽田にいるはずの父と居場所のやりとりが全くうまくいきません。
軽く1時間はそこにいたと思います。通りすがりの清掃の方に声をかけられ、経緯を話すと、父が待つ場所はこの先の到着ロビーではないかとのこと。飛行機から降りた場所とは、手荷物の受取場の先だと初めて学びました。父の顔が見えたとき、ほっとして涙が出ました。(女性・未婚・会社員)
26歳の時、9月の北海道旅行で函館の夜景を見るオプションに行きました。北海道の9月は予想以上に寒かった上、カーディガンをスーツケースに入れたままオプションに出てしまったので、半袖の服で凍えました。(女性・既婚・専業主婦)
社員旅行にバスで行った時に、サービスエリアで休憩の時にそのまま置いていかれた。確認しているはずなのに、何故か自分は忘れられていた。(男性・未婚・食肉加工業)
10年前、30歳の時、京都でお昼ご飯のことをあまり考えずに二条城のあたりを散策していたところ、裏手に回ってしまい食べられるところがなくなってしまい、かなり遠くのお蕎麦やさんまで30分ほど歩くことになってしまったこと。(男性・既婚・会社員)
家族で沖縄に行くのに空港まで車で向かっていたのですが、渋滞に巻き込まれ、飛行機の時間に間に合わないと判断し、途中のパーキングに車を乗り捨て空港に向かいました。帰って来て駐車料金が約3万円もかかりました。もっと早く家を出発すればよかったです。(女性・既婚・主婦)
今年の春、主人と車で箱根に行きました。箱根ロープウェイ駅付近のホテルに向かい、早めにチェックインをし、さっそうとロープウェイに乗りました。芦ノ湖へ向かう途中のロープウェイ内で気づきました。携帯がない・・・。その後の計画もあり、すぐに戻るわけにもいかず。ホテルにおいてきた?どこかで落とした?不安に駆られ、楽しいはずの芦ノ湖遊覧船からの景色も遠い目・・・。記念写真は主人の携帯で撮りましたが、薄い笑顔・・・。ようやくホテルに戻り部屋の荷物の中を探し・・・。ない。まさかと思い自家用車の中を探し・・・あった~。チェックインする前にはすでに車の中に落としていた~。ホッとしたのもつかの間、主人の細い目が痛かったです。次の日以降、何度も携帯を確認し、楽しい旅行となりました。(女性・既婚・専業主婦)
2年前ですが、クリスマスにUSJ(大阪)に遊びに行きました。気合を入れて、旅行3日前に、おnewの靴を購入し履いていきました。ところがUSJに着いた時には靴擦れで足が痛くなってき始め、夕方には歩けないくらいの痛さになってしまいました。結果、慌てて靴屋を探して再度靴を購入する羽目となりました。(男性・既婚・会社員・建設業)

50代に聞いた国内旅行の失敗談

家族でキャンプ場所を予約していったら、当日、予約は昨日だったと言われ路頭に迷いました。予約日を「にじゅういち」と伝えたのが「にじゅうにち」に勘違いされていました。(女性・既婚・主婦)
32歳の頃、友達と上越新幹線に乗って新潟に向かう時、友達は東京から、私は途中の上野から乗る約束をしました。ですが、当日駅のホームの電光掲示板に乗るべき電車が表示されず、そこで気がつきました。気がついたのは東京駅から新幹線が出発する10分ほど前。冷や汗です。とにかく目の前に来た新幹線で大宮まで行き、大宮で乗るべき新幹線に乗り換え友達と合流しました。今では笑い話ですが、そのときは嫌な汗をかきました。(女性・既婚・会社員)
夜行バスツアーでスキーに行ったのだが、バスの中で寒気がしてきた。熱が出てきて上がり始め、バスで目的地まで行くのが辛くてたまらなかった。寒気というものの不幸がトラウマとなり、刻まれた。(女性・未婚・ライター)
50歳になった頃、新幹線の500系こだま(昔はのぞみ)が乗りたくてしょうがなかった時期があり未だに山陽新幹線で運転しているのを知って旅行に行くことにしました。とりあえず、足を踏んだことの無い九州へ、気持ちは50歳の子どもと同じ状態でした。しかし、長距離移動が慣れないため疲れてしまい翌朝、寝坊をしたのです。当然の如く乗るはずだった500系こだまは発車をしてしまい気持ちは鬱になりました。(男性・未婚・無職)
42歳頃だったと思いますが、富山県を車で旅行中に冷却水の温度に異常を知らせるランプが点灯。しばらくしてエンジンが止まってしまい、JAFに連絡。最寄りの修理工場からレッカー車が来てそのままけん引。工場で修理してもらうことになり代車を貸してもらい旅行を継続したが気分的に思い旅行になってしまった。(男性・未婚・会社員)
旅館やお店の人と仲良くなり盛り上がり、帰る日に数人に駅まで送ってもらいました。泣いてありがとうと別れた後、逆方向の特急電車に乗ってしまいました。気がついて降りたけど、次の電車まで1時間待ち。見つからないようコソコソと、送ってもらった駅を通り過ぎ、感動が盛り下がった体験あり。(女性・既婚・主婦)
伊香保温泉に行った時に温泉に友達と入ったが、排水溝におしりが吸い込まれそうになり、力づくで抜けたがおしりにあざが出来てみんなに見られた(男性・未婚・会社員)
38歳の時に視察で関西にいった際に、視察地の近くの甲子園球場に行ったが丁度その時期に改修をしており、外壁が覆われており、単なる高い壁としか見えなかったこと。(男性・既婚・公務員)
旅行先から帰宅途中、まだナビが殆ど普及されていなかった時代、夜だったこともあり自宅と逆方向に進んでいたこと。どこを走っているか分からなくなってしまったが、地元のナンバーを見つけ、それについて行くことで無事帰宅。(男性・既婚・土木業)
よかったらシェアしてね!

コメント

コメントする

目次
閉じる