Google ChromeでTwitterを見れないようにする超簡単な方法

Chrome拡張機能「ウェブサイトブロッカー」を用いることで、ブラウザ(Google Chrome)でTwitterが見れなくなり、集中力アップすることができます。設定も簡単ですし、解除も簡単です。

目次

ソフト・アプリのインストール

GoogleのChrome拡張アプリ「ウェブサイトブロッカー」を追加します。リンクにアクセスし、Googleウェブストアで追加を押すだけで使えるようになります。

以下は既に追加した画像ですが、本来は「追加」のボタンがありこちらを押すだけで使えるようになります。

ソフト・アプリの利用方法

ツイッターのサイトを開いた状態で、右上のウェブサイトブロッカーのボタンを押します。

ウェブサイトブロッカーが立ち上がります。常時ブロックする場合は赤色のブロック、時間帯を決める場合は使用しない時間を入力します。

入力後ブロックすることができます。Twitterを見ないことで仕事効率を上げることができます。

コメント

コメントする

目次
閉じる