Cocoonでプラグインを使わず高速化するためにやっておくべき設定

Cocoonは超高速なWordPressテーマですが、上手く使わないと速度が落ちてしまいます。この記事では、Cocoonでプラグインを使わずに、できるだけ高速化しておくための手順についてまとめました。

以下はCocoonを使った場合の参考データです。キャッシュプラグインを使わない状態でも非常に良い数値にすることができます。以下はモバイルのデータです。なお、レンタルサーバーはConoHaのミニマムプラン(最低グレードプラン)を利用した数値です。

以下はパソコンのデータです。

目次

本カスタマイズの基本情報

項目情報
所要時間20分(※)
プラグインEWWW IMAGE
OPTIMIZER
費用0円

設定方法

WEBフォントをオフにする(最重要)

デフォルトではWEBフォントが使われていませんが、速度を重視するならオフにしてください。WEBフォントの速度に及ぼす影響は最も大きいです。「Cocoon設定>全体」の項目から選択できます。

もしどうしてもWEBフォントが使いたい場合は、「高速化設定」にある非同期読み込みを有効にしてください。これにより非同期読み込みされ、Speed test insight上では高速化できます。ただし、CSSサイズがかなり大きいため、本当の意味で高速化するならWEBフォントはおすすめしません。

LAZY LOADをONにする

画像の遅延読み込み、LAZY LOADレイジーロードをONにします。CocoonのLAZY LOADはSEO読み込みに対応しています。

HTMLの縮小化設定をする

HTMLの縮小化設定にチェックを入れます。

CSSの縮小化設定をする

CSSの縮小化設定にチェックを入れます。

ブラウザキャッシュを有効化する

ブラウザキャッシュにチェックを入れます。これはSpeed test insight上では効果はありません(2ページ目の遷移で効果を発揮するため)。ただし、ユーザビリティ的には効果のある設定です。

JavaScriptの縮小化は入れない

JavaScriptの縮小は効果に対してのデメリットが大きいためチェックを付けていません。圧縮により、JavaScriptが動作しない(アフィリエイトリンクを読みこまない)などの不具合を避けるためです。

画像をWebP化する

画像をWebPウェッピー化します。Speed test Insightでは点数の改善比率が高いためぜひ行っておきましょう。WebP化については、以下の記事で解説しています。こちらを参考にしてください。

あわせて読みたい
WordPressの画像をWebP化してデータ容量を軽くして高速化する方法
WordPressの画像をWebP化してデータ容量を軽くして高速化する方法見た目は変わりませんが、画像がwebP(ウェッピー)形式になります。画像が大幅に軽量化され、読み込み時間が速くなります。ただし、効果が表れるのはWebP対応ブラウザ...
よかったらシェアしてね!

コメント

コメント一覧 (3件)

  • こちらのサイトはかなり勉強させていただいております。
    ただ1つだけ、WEBフォントをオフにするのやり方がイマイチ分かりません。
    「Cocoon設定>全体」の項目に”オフ”というのがないので悩んでいます。
    お時間があるときにでも、ぜひご教授願います。

    0
  • ご質問ありがとうございます。

    WEBフォントについてはCocoonの場合「(WEBフォント)」を付いていないものを選ぶだけでOKです。それだけでも速度は大きく改善します。

    もし完全に切ってしまいたい場合は、プラグイン「Fastest Cash」などで切れるので、そちらの利用をお願いします。

    0
  • ご回答ありがとうございます。
    よくわかりました。

    当初の設定「ヒラギノ角ゴ,メイリオ(デフォルト)」のまま変更しなければOKということで認識いたしました。
    ありがとうございました。

    0

コメントする

目次
閉じる