WordPressのログイン画面のURLをプラグインで簡単に変更する方法

WordPressのログインURLを「/wp-admin」から国産プラグインの「Login Rebuilderログインリビルダー」により変更します。これにより、botや悪意のあるツールはサイトのログインURLがわからなくなり、セキュリティ効果がアップします。

本カスタマイズの基本情報

項目情報
所要時間10分(※)
プラグインLogin Rebuilder
費用0円

ログインURL変更
設定方法

インストールと基本設定

プラグイン「Login rebuilder」をインストールします。

サイドバーの設定から「ログインページ」にアクセスします。

wp-adminにアクセスした時の挙動を決めます。私はリダイレクトにすることが多いです。次に新しくURLを「新しいログインファイル」に入力し決定します。ここで入力した新しいURLがログインURLになります。注意点として末尾に「.php」を付けないと正常動作しないため注意して下さい。

一度メモ帳などに保存しておいてください(仮に忘れたとしても調べる方法はあるので安心してください)。最後に「稼働中」に変更します。

最後に保存を押します。他の設定は一切いじる必要はありません。

注意:ConoHaやヘテムルなどを使っている場合、WAFにより弾かれてしまうことがあります。その場合、一時的にWAFの設定をOFFにしてください。

ログインURLを忘れてしまった時は

ログインURLは「public_html」から参照することができます。サーバーのファイルマネージャーからご確認ください。以下はセキュリティのため、ほとんどを消してしまっていますが、wp-content.phpが入っているディレクトリと同じ欄にログインURL用のpfpファイルがあるのでそこから確認できます。

アンインストール時の注意点

Login Rebuilderで設定したログインページはフォルダができている状態です。そのままでも構いませんが、余計なゴミを増やさないために、上記のフォルダをFTPもしくはサーバーのファイルマネージャーから削除することをお勧めします。

コメント

コメントする